家出人を捜索する前に

家出人の捜索を考えている場合には、状況をよく理解し、情報をまとめておく必要があります。家出人がいなくなった時の状況や、服装、所有している物、残していった物などの情報をまとめておきます。そして、家出人が出ていった理由や経緯、思い当たる事柄なども、わかる範囲で調べ、まとめておきます。

家出人の状況や情報がまとまれば、次に警察への捜索願の提出、そして探偵や興信所への相談をおこなっていきます。

警察へ捜索願を提出する際、警察は事件性があるかどうかを重要視します。
例えば、未成年であれば、事件性などは考慮しないのですが、20歳以上の場合だと、事件性が見えない場合は、本人の自由意志ということもあり、警察もあまり動いてはくれません。


とはいえ、家出人の捜索では、家出人の捜索では事件性の有無に関係なく、警察へ捜索願を届出ることが勧められます。

なぜなら、家出をした理由がわかっていたとしても、何か事件に巻き込まれてしまう可能性もあるからです。

事件性のあるなしにかかわらず、1日でも捜索してほしい場合には、探偵や興信所へ依頼を行います。

探偵事務所や興信所では、依頼者から提供された家出をした方の情報を元に捜索を行います。
家出をした時からあまり時間が経っていない場合は、家出した人を発見できる可能性は高くなりますが、家出をしてから時間が経っていた場合、周辺で聞き込み調査を行っても、当時のことを覚えている人が少なくなっているので、家出人の足取りを追う有力な情報が手に入らない場合もあります。

家出人の捜索では、捜索を開始する初動の速さが重要になります。どのような情報が探偵の家出人捜索に役立つのか想像ができないという方は、探偵に直接問い合わせるなどして情報の確認をすることをおすすめします。

上部へ